脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記

2
ノート

どのレイヤーで否定するか

当然、敵対心や嫌悪感を持っている同士の間では意思疎通をすることはできない。

にしても昨日書いたnoteについては「伝えたい事」を正しく届けられていないな、という感想をいただく。

もっとみる

カメラマンとしての攻め方

最近「プロカメラマン」ほど掴みどころのない職業は他にないんじゃないかなって思います。
そのくらい「プロカメラマン」というカテゴリーサークルの中にはいろんな人がいます。

メインの被写体や活動フィールドによって、顧客もターゲットも違いますし、必要となるスキルも異なっています。
もう「プロカメラマン」とひとくくりにするには無理があるんじゃないかってくらい、色んな人がいると思います。

今日ヨドバシカメ

もっとみる
ありがとうございます! 本日があなたにとって素敵な日になりますよに!
2