脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記

5
ノート

最初は中身がなくたって良いじゃない

ハッタリ
中身がない
虚勢を張る
見栄っ張り

仕事をする上では全然いいと思うんですよねぇ。
むしろ100%できること、リスクをとらずにどうやって成長できるの?
という気がしています。

そりゃもちろん「ほぼ失敗が見えている」ときに無理して実行することに意味があるかは疑問もありますが、「できそうな気がする」ときはガンガンやっていったほうが良いと思うんですよね。

まずは風船を先に膨らませといてあと

もっとみる
ありがとうございます!お互い昨日の自分に打ち勝ちましょう!
1

脱サラ直後のバイトの話

「カメラマンとして駆け出しの頃の話を聞きたいです」

先日Youtube Liveをやっていた時にチャットのコメントでこのような話をいただきました。

そういえばnoteで駆け出しの頃の話をちょこちょこと書いていましたが、最近書けていませんでしたね。
今回は駆け出しの頃にしていたバイトの話と、今振り返ってそれらをどう思うのか?
というところを書いてみたいと思います。

脱サラの理由やその直後の話は

もっとみる
ありがとうございます! 本日があなたにとって素敵な日になりますよに!
4

毎日アウトプット出来ているか?

本を読んだら賢くなった気分になれます。
セミナーを受けたら写真がうまくなった気分になれます。

自分の成長曲線のところでも話をしましたが

何事でもはじめはものすごくいろんなものを吸収できて、短期間で鬼のように成長することがてきます。
その際に本を読んだり、webで調べたり、セミナーに参加するなどしてinputの量を増やすということは、初期の成長曲線を更に加速するためにものすごく有用なことだと思い

もっとみる
ありがとうございます!死ぬほど喜びます!
1

目先の利益にとらわれない

もちろん収入がないと生きていくことは出来ません。

でも長期的に見て利にならないことには手を出すべきではないと思っています。
つまりは単純に「やりたくない仕事」はいかなる場合にでもやらないほうが良いのです。

そういいつつ永田もフリーランスを始めたばかりの時は、ほとんど仕事がなかったため、ものすごく安いギャランティで「自分が伸ばしたいと思っていないジャンル」の仕事でも受けていました。

ここから有

もっとみる
ありがとうございます!死ぬほど喜びます!
2

「美」という判断基準

それは「美しい」か!?

なんて普段は意識して考えることはないかもしれませんが、フリーランスになって、特に最近思うことがあります。

「美しい」とか「かっこいい」というのは物事を判断する基準として結構重要なファクターになりつつある。

ここから有料記事です。
有料記事、1記事200円です。
定期購読なら、月4回以上発行で、月額400円です。
永田の実際の仕事内容等を書いています。

もっとみる
ありがとうございます!お互い昨日の自分に打ち勝ちましょう!
3