見出し画像

正直ただ単に仕事をしたいだけなら……

正直ただ単に写真を生業にして生きていきたいだけなら、写真の技術やテクニカルな理解は必要のない時代に来ていると思います。
実際僕の周りでもカメラを買ったばかりの人で、撮影することを仕事にしている人は何人かいます。
その方はいわゆる「露出トライアングル」の理解もないまま仕事をしています。
そういう時代に来ているということです。
これは写真以外でもそうですが、一般技術というのはすべてテクノロジーがカバーしていってくれます。

もちろんそれは
「写真の技術やテクニカルなことを学ぶことに意味がない」
といっているわけではなく、そこを学ばないと到達できないエリアも当然存在します。

先日、永田フォトの新規スタッフとしてとある方と面談をしました。

ここから有料記事です。有料記事、1記事200円です。
定期購読なら、月4回以上発行で、月額400円です。
永田のお仕事内容など無料記事では書きづらいことも書いています。

この続きをみるには

この続き: 979文字
記事を購入する

正直ただ単に仕事をしたいだけなら……

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!お互い昨日の自分に打ち勝ちましょう!
5
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

35歳で脱サラしフリーカメラマンになった人間のつぶやきです。 仕事のやり方や考え方、写真の撮り方等を語ります。 有料記事なので赤裸々に書きたい放題!(笑) 他言無用でお願いいたします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。