見出し画像

「相手の気持ち」になれたら最強説!

小さい頃からよく

「相手の気持になって考えろ!」

的なことを言われた人は多いはず。

そういう僕もよく言われてました。
そして、何を隠そう僕は

「相手の気持になって考える」がかなり得意です。

これは1対1のコミュニケーションだけではなく、複数の人間が存在している場面でも「空気を読む力」として発揮されます。

なんかこれはもう処世術のようなもので

「よし! 相手の気持になって考えてやろう!」

ってリキんでいるわけではなく、もう勝手に自然に考えてしまうんです。

一時期はこれがかなり自己嫌悪の種でした。

というのも、小さい頃から「八方美人」というか
人の顔色ばかりうかがう性格だったので、
ストレスになることも多かったです。

そういう事もあって、「引っ込み思案」な性格になってしまったんでしょうね。

個人事業主は「相手の立場」になって考えれたら最強!

しかしながら、最近はこの「相手の立場になって考える」のが得意なことがかなりプラスになっていると感じています。

当然人間関係を円滑にするのにも役に立ちますし、それ以上に

ビジネス、特に個人事業主

として役に立ってると思います。

具体的には

この続きをみるには

この続き: 1,079文字 / 画像1枚
記事を購入する

「相手の気持ち」になれたら最強説!

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんちろ(フリーフォトグラファー)

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!死ぬほど喜びます!
1
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。