見出し画像

最初は中身がなくたって良いじゃない

ハッタリ
中身がない
虚勢を張る
見栄っ張り

仕事をする上では全然いいと思うんですよねぇ。
むしろ100%できること、リスクをとらずにどうやって成長できるの?
という気がしています。

そりゃもちろん「ほぼ失敗が見えている」ときに無理して実行することに意味があるかは疑問もありますが、「できそうな気がする」ときはガンガンやっていったほうが良いと思うんですよね。

まずは風船を先に膨らませといてあとで中身をつめていくみたいな成長の仕方でもいいと思います。

「そんな仕事のやり方をしてて、失敗したらお客様に迷惑がかかるじゃないか!」
と言われたことがあります。

ここから有料記事です。
有料記事、1記事200円です。
定期購読なら、月4回以上発行で、月額400円です。
永田の実際の仕事内容等を書いています。

この続きをみるには

この続き: 1,352文字 / 画像1枚
記事を購入する

最初は中身がなくたって良いじゃない

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!ついでにコメントも書いていってください(笑)
1
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

35歳で脱サラしフリーカメラマンになった人間のつぶやきです。 仕事のやり方や考え方、写真の撮り方等を語ります。 有料記事なので赤裸々に書きたい放題!(笑) 他言無用でお願いいたします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。