ごはんを(あまり)食べない時代がやってくる
見出し画像

ごはんを(あまり)食べない時代がやってくる

書籍
「空腹こそ最強のクスリ」という本が流行ってますね。

僕の周りでも3.4人読んでいる人がいて、若干の「空腹ブーム」になっております(笑)

流行りものが好きな僕としては早速試してみました。
2週間くらい試してみましたが、流石に2週間では「健康」になったかどうかはわかりません(笑)

でも思わぬところでメリットが有りました。
それは

昼食に当ててた時間+αが毎日できる

昼食ってなんだかんだで時間がかかりますよね。
買いに行って、食って、少し休憩して
更に僕の場合、昼食を食べたあとの倦怠感が結構出るタイプなので、
今考えてみると昼食を取るだけで毎日2時間位は損してました。

毎日「2時間+昼食代」が浮く

そう考えるとかなりメリットがあります。
最悪、健康的には「メリットは特にないよー」だったとしても
「デメリット」さえなければかなり設けもんです。

元々、現代人はカロリーを取りすぎですし、しばらく続けてみようかなと思います。

こういう本が売れる時代背景

こういう本が売れる時代背景を考えると、そこには
「健康志向」+「節約志向」
があると思います。

この続きをみるには

この続き: 388文字 / 画像2枚
記事を購入する

ごはんを(あまり)食べない時代がやってくる

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんちろ(フリーフォトグラファー)

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます! 本日があなたにとって素敵な日になりますよに!
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。