フィルム、Jpeg、で撮影する事に関する永田の考え方
見出し画像

フィルム、Jpeg、で撮影する事に関する永田の考え方

おはようございます、大阪でフリーカメラマンをしている永田謙一郎です。
今回はPersonal work、いわゆるひとつの「作品作り」をするに当たって、
フィルムで撮る、Jpegで撮るという選択肢に対する永田の考え方の話です。

よく聞かれるので最初に断っておきますけど、永田はPersonal workの場合はよほどの理由がない限りRAWで撮ります。
(設定間違えてjpegになってたとか以外は(笑))
仕事もほとんどRAWで撮ります。
スナップなどで枚数が膨大になり、かつ記録重視の場合はjpegで撮ることもあります。
でもまぁ最近はそういう仕事は減ってきました。

RAWで撮る理由としてはよく
「データ量が多く、あとでいじりやすいから」
という話があります。

永田がRAWで撮る理由の一つのまぁそれはあるっちゃーあるのですが、それ以上にもっと重要な理由があります。

この続きをみるには

この続き: 914文字
記事を購入する

フィルム、Jpeg、で撮影する事に関する永田の考え方

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんちろ(フリーフォトグラファー)

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!お互い昨日の自分に打ち勝ちましょう!
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。