見出し画像

写真に正解はないが、カメラには「適正値」がある

おはようございます、大阪でフリーカメラマンをやっている永田謙一郎です。

今回はわたくしの写真に対する考え方について記載します。
バカスカ拡散して炎上したら怖い小心者ですので、有料記事にしてます(笑)
でも、わたくしがカメラ初心者のときに引っかかってたことなので、「あーなるほど、そんな考え方もあるんだねー」って思っていただければ幸いです。

さて、よく「写真には正解はないからなぁ」なんて事を言ったりします。
とある方には「だめな写真」がとある方には「良い写真」になったり、そもそもアートは自己表現だからなんでもいいんだよ的な考え方もあるかと思います。

仕事で撮影をする際、クライアントの意見は写真の方向性を決める重要なファクターではありますが、間違いなく撮影者の意見も反映された写真になります。
そら撮影者が撮ってるんだから当たり前ですが(笑)

そして、カメラを使ってる人はご存知だと思いますが、カメラには様々な「適正値」というのがあります。
・適正露出
・適正なホワイトバランス
などなど、オートや絞り優先で撮っていると「ピピッ、これが適正だよ」とカメラが勝手にやってくれます。

そもそも「適正」ってなんでしょう?

この続きをみるには

この続き: 869文字
記事を購入する

写真に正解はないが、カメラには「適正値」がある

けんちろ(フリーフォトグラファー)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!死ぬほど喜びます!
1
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

NAGATA style
NAGATA style
  • 54本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。