見出し画像

個人とチームは対立軸ではない

この前、リンクアンドモチベーションの麻野さんが自身の書籍「THE TEAM」のイベントでおっしゃっていたことが印象出来だった。

個人の力を最大限に発揮させるようなチーム作り
超簡単に言うと
「個人の得意なことだけをやって成り立つチーム作り」
というのが大切とのこと。

この言葉を聞いて、永田の中で一つ霧が晴れたことがある。

サラリーマンを辞めて個人事業主となったときに
「もうチームで仕事をすることはやめよう」
と思ってた。
でも今また「チーム」を作ろうとしている。
また同じ失敗をするのではないかという不安が付きまとってた。

しかし、上記の言葉を聞いて感じたのは
永田が以前イメージしていた「チーム」と今後作ろうとしている「チーム」は定義も質も全く違うということ。
また、違うものにしなくてはいけないということ。

攻殻機動隊の中の言葉だっけ?

我々の間には「チームプレイ」などという都合のいい言い訳は存在せん。あるとすれば、スタンドプレーから生じる「チームワーク」だけだ

それぞれが「個」として力を発揮しながら、チームが形成されていく。
そこには「依存」もないし、「保護」もないかもしれない。
チームとしての最適解のために個人が動くのではなく、個人の最適解が見いだせられるチーム作り

そういうチームの核になれるような存在になるため、今色々動いています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!お互い昨日の自分に打ち勝ちましょう!
5
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

NAGATA style
NAGATA style
  • 54本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。