見出し画像

一旦言語化する、そして抽象へ落とし込む

言わずもがな、僕らは「言語」で思考しています。

「考える」ということには「言語」が必要ですが、
「行動」や「動作」などには「言語」を必要としていません。

で、写真を撮影するときは、当然色々「考えながら」撮影をし、シャッターを切るという「動作」を行うわけです。

ここから有料記事です。
有料記事、1記事200円です。
定期購読なら、月4回以上発行で、月額400円です。
永田の実際の仕事内容等を書いています。

ここから先は

1,290字 / 1画像

¥ 200

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!