見出し画像

指数関数的成長

おはようございます。大阪でフリーフォトグラファーをしている永田謙一郎(@kenichiro_nagata)です。

さて、今回はちょっとむずかしい話をします(笑)
自分でもどこまで説明できるか、また正しく説明できているかは不明ですので、取扱は自己責任で。

指数関数的成長における誤解

よくビジネス書やら、セミナーで
「成長曲線というのは指数関数的に伸びていきます、つまりある点から急激に成長の幅が広がり、ビジネスが一気に加速します」
とか言うのをきいたことないですか?

↑上記 図1とします。

上記の「赤い星」のところから一気にビジネスが成長する。
みたいな。

これって実はグラフの視覚的トリックだったりするんですよね。

成長が指数関数と仮定して、更に時間軸を伸ばしていくとこういうグラフになります。

↑上記 図2とします。

図1の赤い点と図2の赤い点は同じ位置を指しています。

図2をみると、赤い点はとても一気に成長する点には見えないですよね。

ちなみに、このようになにかの変化が現れる点の事を「特異点」とか言ったりします。

図1で言うと
「赤い星の特異点をさかいにビジネスが加速していきます」

図2で言うと
「黄色い星を特異点をさかいにビジネスが加速していきます」

なんて使われ方をするわけです。

更に時間軸を伸ばしてみましょう。

指数関数はこのような曲線を描きます。
こうなると赤い星も黄色い星も特異点とは呼べません。

つまり、指数関数に「特異点は存在しない」とも言えますし、「全てが特異点である」とも言えるわけです。

これをビジネスに置き換えると
「今の自分のビジネスは一気に加速する点はない」とも言えますし「いつでも一気に加速する点」とも言えます。

ということは、何か成長ビジネスを見つけたときに
「やべー、出遅れた!」
って事は無いわけです。
どの点をとっても、成長曲線は同じなので。

何がいいたいかと言われると、「思い立ったが吉日」「始めるにおそすぎるということはない」ということですね。

今回は

指数関数的成長曲線には特異点がない

というお話でした。

あー、普段はもっと気軽な話をしているので、引かないでーーーー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!死ぬほど喜びます!
3
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

NAGATA style
NAGATA style
  • 54本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。