見出し画像

知られているようで、みんなよく知らないフォトグラファーという存在

おはようございます、大阪でフリーフォトグラファーをしている、永田謙一郎です。

今回は永田が感じた世間における「フォトグラファー」という存在の話です。

初めてお会いした方と名刺交換させていただいて
「写真やってます」
と言うと、
「えー! すごいですねー!」
とよく言われます。
実際カメラマン、フォトグラファーをされている方はよくわかると思うけど、別にすごくもなんともない。
お医者さんからでもそんなことを言われるので
「いやいや、先生のほうが断然すごいですよ」
と、社交辞令でもなんでもなく答えます。

おそらく
「すごい」
と思われているのは
「よくわからない」
から、そう言われているのではないかと思います。

こういうときによく例え話として出すのが
「プロドライバー」
という単語です。
車を運転してお金を稼いでいる人はみんな「プロドライバー」だとは思うのですが、ぱっと思いつくだけでも
・タクシーの運転手
・運送会社のドライバー
・バスの運転手
・なんか偉い人のお抱え運転手
・ジムカーナの選手
・F1ドライバー
このくらいは挙げられます。

彼らはみんな「プロドライバー」ですが、もちろん求められるスキルは違いますし、簡単になれるものもあれば、頑張ってもなれないものもあります。

「プロカメラマン」
というのもこれに似てるのかなーと思ってまして、
・写真作家
・広告撮影する人
・建築撮影する人
・写真館の人
・運動会とか遠足を撮影する人
などなど、色んなジャンルの人がいて、こちらも求められるスキルが違います。

この時ドライバーは結構皆さん知っているのですが、カメラマンはあまり一般の方知られてないんですね。
なので、上記に列挙した職業がごっちゃごちゃで境界がないイメージで捉えられているみたいです。

まぁ実際垣根なく色々撮影される方も多いので、難しいっちゃー難しいのですが、カメラマンと言う単語はものすごく一般的なのに、なかなか職務内容を理解してもらえないなぁ
という記事でした。

皆様の中で、なにか工夫されている点とかありましたら、コメントください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!ついでにコメントも書いていってください(笑)
3
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

NAGATA style
NAGATA style
  • 54本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。