見出し画像

サッカーの話をしていたらいつの間にかビジネスの話になっていた

おはようございます、大阪でフリーフォトグラファーをしている永田謙一郎(@kenichiro_nagata)です。

先日の夜中はにわかサッカーファンとして日本代表の試合を見ていました。
決勝トーナメント進出のためにパス回しで時間を稼いだ試合のやつです。

こういうとき永田はつくづく「成果物主義者」。もっというと「結果主義者」だなぁと思います。
より大きな目標のために、目先の些細なことは捨てる。
という選択肢に対して、なんの疑問もありません。
それがスポーツだからであっても、エンターテイメントであってもです。

もともと、根性論は得意ではなく、「最後は気持ち!」とか言われてもよくわからないですし、そんなことよりはちゃんと作戦をもって物事を進めようよ、って思います。

おそらくこの試合は刻一刻と状況が変わる中で、
プランA ブランB プランC ……
みたいにもともと作戦立てられ、その都度一番確率の高いものを選択していくという、明確な指示があったのではないかと思います。

集団を束ねる上で
「とびきり明確な指示」
というのはものすごく重要で、会社や仕事においても、トップの意思決定は重要です。

古い話ですが、甲子園で松井秀喜が全打席敬遠された試合を思い出しますね。
あのときも「ルールに則って試合をしてるのに何故避難されるのだ」と不思議に思ったものです。

で……

そんな話をとあるブランディング会社の社長さんと話していたら、その社長さんは
「サムライブルーを掲げるなら、あの試合をしてはいけない」
とおっしゃりました。

理由を聞くとブランディング会社の社長らしい答えが帰ってきました。

有料記事、1記事200円です。
定期購読なら、月4回以上発行で、月額400円です。
永田の実際の仕事内容等を書いています。

この続きをみるには

この続き: 1,128文字 / 画像1枚
記事を購入する

サッカーの話をしていたらいつの間にかビジネスの話になっていた

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!死ぬほど喜びます!
6
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

35歳で脱サラしフリーカメラマンになった人間のつぶやきです。 仕事のやり方や考え方、写真の撮り方等を語ります。 有料記事なので赤裸々に書きたい放題!(笑) 他言無用でお願いいたします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。