見出し画像

フォトグラファーを生業にしようとした理由

おはようございます。
大阪でフリーフォトグラファーをしている永田謙一郎です。

こちらの自己紹介でも書きましたが

35歳のときに、サラリーマンプログラマーを辞めて、フリーフォトグラファーになりました。
今回はその時のお話。

学生から大人になりに漠然と就職を考えていたとき
「何かものづくりがしたいなぁ」
と思ってました。
大学時代からパソコンを触るのが大好きだったので、0byteからテキストで文字を入力し、それが何か人の役に立つという「プログラマー」の仕事はとても夢のある仕事でした。

大学は全然単位が足らず、4年通った挙句に中退。
就職活動もしなかったので、未経験で入れるソフトウェア会社に最初アルバイトとして入社。
その会社はバイトから正社員へのキャリアパスがあり、そのまま正社員へ。
そこでなんだかんだ10年くらい働いて、30代をむかえました。

この続きをみるには

この続き: 1,288文字
記事を購入する

フォトグラファーを生業にしようとした理由

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!ついでにコメントも書いていってください(笑)
5
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

35歳で脱サラしフリーカメラマンになった人間のつぶやきです。 仕事のやり方や考え方、写真の撮り方等を語ります。 有料記事なので赤裸々に書きたい放題!(笑) 他言無用でお願いいたします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。