写真撮影における「背景」の考え方
見出し画像

写真撮影における「背景」の考え方

おはようございます、大阪でフリーフォトグラファーをしています、永田謙一郎(@kenichiro_nagata)です。
さて、今回は写真の話。
そのなかでも「背景」に関して考察します。
(ここで言う「背景」とは「時代背景」とかいう意味ではなく、「メインの被写体」に対して「それ以外」という意味での「背景」です。)

写真というのは正解のないものですので、ここで書く内容は完全に「永田の主観」です。
人によっては反論もあるでしょうし、撮影シーンにおいては間違いになることもあります。
それを踏まえた上で、お読みくださいませ。

・ポートレートにおける「背景」の役割
・「背景」を決めるときの考え方

さて、みなさんは写真を撮る際「背景」をどの程度意識されているでしょうか?
永田がこの「背景」について書こうと思ったのも、案外「背景」に気を使っていない方が多いと思ったからです。
そういう永田も、写真を撮り始めたばかりの頃は、メインの被写体に必死で背景はそれほど気にしていませんでした。

■ポートレートにおける「背景」の役割

この続きをみるには

この続き: 2,284文字 / 画像2枚
記事を購入する

写真撮影における「背景」の考え方

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんちろ(フリーフォトグラファー)

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!ついでにコメントも書いていってください(笑)
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。