見出し画像

1番になるのは難しい、ではどうするか?

おはようございます、大阪でフリーフォトグラファーをしています、永田謙一郎(@kenichiro_nagata)です。

今回はネガティブな状況をいかにポジティブに考えるかという話です。

SNSが普及してからというもの、才能のある人達が認知されやすくなってきました。
TwitterやInstagramを見ていても、すごくセンスのある写真がどんどん流れてきます。
調べれば調べるほど世の中は才能に溢れていて、どんどん自分の小ささや無力感とともに自己嫌悪に陥っていくわけです(笑)

「もっともっと頑張ろう」と思う半面、「頑張りだけでは到底太刀打ちできないのでは?」という考えにさいなまれます。
更に、永田は今年で41歳です。
若い方の才能を目の当たりにすると、下腹部が痛くなるとともに、絶望感を味わいます。

こういうネガティブな状況のときに「ではどうするのか?」を考えることは非常に重要だと思っています。

ここから有料記事です。
有料記事、1記事200円です。
定期購読なら、月4回以上発行で、月額400円です。
永田の実際の仕事内容等を書いています。

この続きをみるには

この続き: 853文字 / 画像1枚
記事を購入する

1番になるのは難しい、ではどうするか?

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます! 本日があなたにとって素敵な日になりますよに!
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

35歳で脱サラしフリーカメラマンになった人間のつぶやきです。 仕事のやり方や考え方、写真の撮り方等を語ります。 有料記事なので赤裸々に書きたい放題!(笑) 他言無用でお願いいたします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。