見出し画像

カメラマンとして走り出した頃のお仕事の話と今を比較

noteでは主に自身の仕事の面について記載しています。
仕事をする上での考え方とか、僕が具体的に取った行動とか。
自分のバイオグラフィー的な意味合いも込めてまとめていってます。

先程少しインタビューを受けておりまして、
「カメラマンを始めた頃の話を聞かせてください」
とのことだったので、思い出しながら話していました。

以前このnoteでも書いたとおり、僕は30歳半ばまではサラリーマンプログラマーをしており、いわゆる脱サラをしてフォトグラファーになりました。

その頃の集客の方法とかを思い出しながら話してたのですが、駆け出しの頃も今も集客の中心はホームページからの問い合わせです。
ただ、世間の状況はかなり変わってきたなと言う印象です。

僕が駆け出しの頃は……

この続きをみるには

この続き: 1,049文字 / 画像1枚
記事を購入する

カメラマンとして走り出した頃のお仕事の話と今を比較

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!お互い昨日の自分に打ち勝ちましょう!
2
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

こちらでもピックアップされています

脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

35歳で脱サラしフリーカメラマンになった人間のつぶやきです。 仕事のやり方や考え方、写真の撮り方等を語ります。 有料記事なので赤裸々に書きたい放題!(笑) 他言無用でお願いいたします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。