見出し画像

生まれながらの死刑囚

以前永田の「生死感」についてnoteしました。

生死感というのは自分のモチベーションの根源にもなっている反面、怠惰の理由付けにもなっているなかなか厄介な感覚です。
根底に流れる考え方というのはあまり変わらないのですが、表層の部分は常々変化しています。
なので、定期的に「生死感」については書かないといけないなぁって思ってます。

まぁあいも変わらず朝から読むものではないので、お時間があるときにでも広い心でお読みくださいませ(笑)

今回も結論として何を書くかはまだ決まってません。
書きながら考えまとまったらいいなぁという感覚です。

とあるところに「死刑囚」がいました。
その人は裁判で死刑を宣告され刑が確定し、もう覆ることはありません。
あとは死を待つばかりです。

この続きをみるには

この続き:1,415文字/画像1枚
記事を購入する

生まれながらの死刑囚

永田謙一郎(フリーフォトグラファー)

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!お互い昨日の自分に打ち勝ちましょう!

永田謙一郎(フリーフォトグラファー)

Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。

脱サラサラリーマンのリアルな奮闘日記

35歳で脱サラしフリーカメラマンになった人間のつぶやきです。 仕事のやり方や考え方、写真の撮り方等を語ります。 有料記事なので赤裸々に書きたい放題!(笑) 他言無用でお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。