見出し画像

生まれながらの死刑囚

以前永田の「生死感」についてnoteしました。

生死感というのは自分のモチベーションの根源にもなっている反面、怠惰の理由付けにもなっているなかなか厄介な感覚です。
根底に流れる考え方というのはあまり変わらないのですが、表層の部分は常々変化しています。
なので、定期的に「生死感」については書かないといけないなぁって思ってます。

まぁあいも変わらず朝から読むものではないので、お時間があるときにでも広い心でお読みくださいませ(笑)

今回も結論として何を書くかはまだ決まってません。
書きながら考えまとまったらいいなぁという感覚です。

とあるところに「死刑囚」がいました。
その人は裁判で死刑を宣告され刑が確定し、もう覆ることはありません。
あとは死を待つばかりです。

ここから先は

1,349字 / 1画像

¥ 400

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!