最近のカメラの「入門機」問題

最近Youtube LIVEをしているとよく話題になってくるのが、カメラの
「入門機」
の問題。

入門機、いわゆるエントリーモデルという設定に色々問題があるような気がしています。
ちゃちゃっと上げるとすれば以下の三点

・高い
・でかい思い
・スマホ意識しすぎ

高い

最近のカメラって入門機って言いながら、レンズと込みで買うと10万余裕で超えてくるし、なかなか手が出ない。
昔、僕がカメラ始めた頃なんかは、
本体+レンズ+SDカード+保護フィルム+ムック
とか諸々ついて5万円を切るような価格設定で売ってた。

5万くらいなら「ちょっと自分のご褒美に」的に買おうかと思う気がするけど、10万って言われるとなかなか手が出ないと思うんだよなぁ。
あと、10万円で買ったカメラってめちゃくちゃ大切にして箱にしまったりして、出かけるときなんかは頑丈な保護バックに入れて持っていかないと、とか思っちゃうから色々面倒になりそう。

僕らは逆に20万のカメラでも安いと思ってしまうので、病気だと思います。

でかい・重い

やっぱり、でかくて重いと入門機として失格だと思う。
メーカーにもよりますが、ミラーレスになって、カメラ本体は小さいモデルが出るようになった。
ただ、今の問題はレンズよ。
各社高品質なレンズを追求する一方で、でかくて重くて高いレンズばかりになってきている。
軽くて使い勝手のいいレンズはかなり古いレンズ。
なので新しく買おうとした人にはちょっと選択肢がない。

特にニコン、キャノンなんかはミラーレスでエントリーモデルを出そうとしている(出している)けど、それに見合うレンズがないよ。

スマホ意識しすぎ

今の一眼カメラ市場が縮小したのはスマホが普及したことが一つの要因であることは間違いない。
でも、だからといってスマホと競争しても仕方ないと思うんだよね。
スマホにはスマホの得意なこと
一眼には一眼の得意なこと
があると思うので、一眼はそれを追求したほうがいいと思う。

普通の人に高機能な一眼レフはいらない

Twitter Instagram等、SNSが普及して写真を見ない日はなくなった。
写真家さんもバンバン投稿しているから、クオリティの高い写真を大量に見れる時代になってきた。

で、そこではやはり何割かの方が
「私も撮ってみたい」
と思うと思う。

実際大抵の写真は一眼機であればエントリーモデルのものでも撮れる。
「スマホでは撮れないけど、一眼機だと撮れる」
という世界がそこにはある。

そういう方にしっかりとしたエントリーモデルがあるというのは写真業界にとってめちゃくちゃ大切なことだと思う。

最低限の機能しかないけどコミコミ5万円

レンズも小ささ重視、
35mm F1.8とか50mm F1.8
とかでいいんです。(F2とかでもいいよ)

最新のスマホが10万オーバーする時代、もう一回
「入門機コミコミ5万円」
の時代が来ないものか。

ぜひ皆さんの意見も聞きたいのでコメントいただきたいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!死ぬほど喜びます!
1

NAGATA style

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。