見出し画像

【持論】審美眼を磨くということ

おはようございます。
大阪でフォトグラファーをしています、永田謙一郎(@kenichiro_nagata)です。
さて、今日のテーマはズバリ

審美眼

です。
つまり

美的感覚を磨くにはどうすればいいのか?

という持論を展開させていただきます。

もちろん、やり方というのは人それぞれ向き不向きが会って、ここでは永田が意識して行っていることをnoteします。

審美眼を鍛える上でInputというのはものすごく重要です。
Artにおいては歴史を知ることも重要ですし、作品にたくさん触れるということも大切です。

そして永田はInputをするときに一つ気をつけていることがあります。
それは

「きれい」「すごい」「美しい」という言葉を使わないこと。

以下有料記事になります。

有料記事、1記事200円です。
定期購読なら、月4回以上発行で、月額400円です。
永田の実際の仕事内容等を書いています。

この続きをみるには

この続き: 2,637文字 / 画像1枚
記事を購入する

【持論】審美眼を磨くということ

けんちろ(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんちろ(フリーフォトグラファー)

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!お互い昨日の自分に打ち勝ちましょう!
1
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。