見出し画像

カメラが進化してもできないこと

最近のカメラのテクノロジー進化はものすごくて、シャッターを押すだけできれいな写真が撮れるようになってきました。

しかしどんだけ進化しても人間じゃないとできないことも多いんです。
その一つが「色の選択」

例えば僕の場合は内装を撮影するとき
「おしゃれな喫茶店」か「病院」かでは仕上げる色が変わります。

ちょっと試しに1枚の病院の写真を
「落ち着いた雰囲気のおしゃれ喫茶店」の色味にしてみました(笑)

この続きをみるには

この続き:203文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月4回以上発行しますので、2本以上読まれる方は定期購読がお得です。 有料部分には永田フォトの実際の仕事内容等を書いています。無料では書きづらい失敗した話などを記載しています。

35歳で脱サラしフリーカメラマンになった人間のつぶやきです。 仕事のやり方や考え方、写真の撮り方等を語ります。 有料記事なので赤裸々に...

または、記事単体で購入する

カメラが進化してもできないこと

永田謙一郎(フリーフォトグラファー)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧していただきましてありがとうございます。 「いいね」「コメント」「サポート」でモチベーションがUPしますので、よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!ついでにコメントも書いていってください(笑)
2
Photographer | Osaka。35歳で脱サラしてフリーカメラマンに。Youtubeで写真チャンネルやってます。オンライン写真コミュニティPhotoShooters-Lab主宰 。写真事務所「永田フォト」代表。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。